翅を広げた蝶のような惑星状星雲NGC 6302

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた惑星状星雲NGC 6302。まるで翅を広げた蝶のようです。さそり座の方向、3800光年の距離にあります。“蝶の翅”は2光年以上にわたって広がっています。

太陽と同じくらいの質量の恒星は、年老いると赤色巨星となり、さらに時間が経つと星の外層のガスがゆっくりと離れていって惑星状星雲になります。惑星状星雲では、中心に残された星の“芯”から放射される紫外線が周囲のガスを電離することで輝いてみえます。

NGC 6302の中心星の表面温度はおよそ20万度、ガスの温度は2万度ほどと推定されています。これは他の惑星状星雲と比べて非常に高温です。

Image Credit: NASA, ESA, and the Hubble SM4 ERO Team

https://hubblesite.org/contents/media/images/2009/25/2621-Image.html

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています