今後、2022年末までに地球へ接近する小惑星

先日アストロピクスで、1月18日(日本時間19日)に地球へ接近する直径約1kmの小惑星の記事を掲載しましたが、今回はNASA(アメリカ航空宇宙局)/JPL(ジェット推進研究所)のCNEOS(地球近傍天体研究センター)で公開されている情報をもとに、今日以降、2022年末までに地球へ接近する小惑星のうち、地球〜月の間の距離の5倍以内まで接近する小惑星を紹介します。なお紹介する小惑星は現在すでに発見されているものだけで、今後新たに発見される可能性があります。

天体月日距離直径
(2022 AE6)1月20日4.720〜45m
(2018 CW2)2月18日2.2318〜41m
(2020 DC)3月6日3.8712〜27m
(2016 FZ12)3月19日2.1512〜27m
(2020 SQ)3月21日2.789.1〜20m
(2019 JE)5月11日4.9115〜34m
(2012 UX68)5月15日2.7440〜90m
(2021 KO2)5月30日3.086.6〜15m
(2020 TO2)10月15日1.3914〜31m
(2004 UT1)10月29日3.9513〜28m
(2020 WD)11月8日3.006.1〜14m
(2018 WH)11月16日2.492.9〜6.5m
(2005 LW3)11月23日2.97130〜280m
(2019 XY)12月10日3.547.0〜16m
(2015 RN35)12月15日1.7864〜140m
(2013 YA14)12月25日2.6951〜110m
(2010 XC15)12月27日2.01140〜310m

上のリストで、距離は地球〜月の間の距離(約38万4400km)の何倍かを示しています。地球に最も接近するのは10月15日の(2020 TO2)で、最接近時の距離は月までの距離の1.39倍(約53万km)になります。今のところ、月軌道より近づくものは見つかっていません。最も大きな天体は、12月27日に接近する直径140〜310mの(2010 XC15)です。

今後、天体の情報が更新されたり、新たな天体が発見されたりする可能性がありますので、最新情報については参照先のCNEOSをご覧ください。

Image credit: NASA/JPL-Caltech

(参照)CNEOS