ジュノー探査機、木星の稲光をとらえた | アストロピクス

【Googleニュースでアストロピクスをフォローして新着記事をチェック!】

ジュノー探査機、木星の稲光をとらえた

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーが、木星の北極付近にある渦をとらえたものです。雲の中で発生した雷の光が映っています。

地球では雷は水の雲で発生し、また赤道付近で最も頻繁に発生します。一方、木星では、雷はアンモニア水を含む雲でも発生し、極付近で最も頻繁に見られます。

ジュノー探査機は今後数か月間、最接近の際は夜側を通過することになります。そのためジュノー探査機が雷をとらえる機会が増えると見られています。

画像は2020年12月30日、ジュノー探査機が31回目の木星最接近を実施したときに撮影されました。画像はジュノー探査機に搭載されているカメラ「ジュノーカム」のデータをもとに、市民科学者のKevin M. Gill氏が作成しました。元画像の撮影時、ジュノー探査機は木星の雲頂から約3万2000kmの距離に位置していました。

Image credit:
Image data: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS
Image processing by Kevin M. Gill © CC BY

(参照)NASA