銀河系よりもやや小さな渦巻銀河M74

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河M74(NGC 628)。うお座の方向、約3200万光年の距離にある銀河です。

M74は、地球に対してほぼ真上を向けており、渦状腕の構造がよくみえます。渦状腕には、たくさんの若く青い星のほか、ピンク色の星形成領域があちらこちらに映っています。また渦状腕に沿うように、塵の筋模様も暗く見えています。M74が宿す星の数はおよそ1000億個。全体のサイズは私たちが住む銀河系よりやや小さいと推定されています。

Image Credit: NASA, ESA, and the Hubble Heritage (STScI/AURA)-ESA/Hubble Collaboration

https://hubblesite.org/contents/media/images/2007/41/2210-Image.html

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています