2億3000万光年先の渦巻銀河NGC 1706 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 1706。かじき座の方向、2億3000万光年の距離にあります。

広大な宇宙の中で、それぞれの銀河はポツンと孤独に浮かんでいるように見えるかもしれません。しかし私たちが知っている銀河の半分は、何からの銀河の集団に属しています。画像に映るNGC 1706も孤独に浮かんでいるわけではなく、「銀河群」に属しています。銀河群は、重力によって結びついた、比較的近い距離でまとまっている50個ほどの銀河の集団です。私たちが住む天の川銀河も、アンドロメダ銀河や大小マゼラン銀河などとともに「局部銀河群」に属しています。

銀河群は、銀河の集まりとしては最も小さなものです。さらに大きな銀河の集団として、数百から数千の銀河が集まった「銀河団」や、さらに銀河団が多数集まった「超銀河団」などが知られています。

この画像は、2019年10月28日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Bellini et al.

https://www.spacetelescope.org/images/potw1943a/