ボイジャーの画像をもとに作られた木星全球画像

1979年、2機のボイジャー探査機が木星に接近して観測を行ないました。この画像は、そのときのボイジャー探査機が撮影した画像をもとに、USGS(アメリカ地質調査所)が1990年に作成したものです。木星は、赤道に平行して走る縞模様や、南半球の巨大な渦模様である大赤斑が特徴的です。大赤斑は反時計回りに渦巻きながら木星全体を1周しています。この当時の大赤斑は現在よりも大きく、地球が2個入るほどの大きさがありました。

Image Credit: NASA/JPL/USGS

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA00343

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています