宇宙から見た南極のオーロラ(2017年6月25日撮影)

国際宇宙ステーション(ISS)から見たオーロラ。ニュージーランドの近海、高度407kmからとらえられた南極のオーロラです。第52次長期滞在クルーの、NASA(アメリカ航空宇宙局)のジャック・フィッシャー飛行士が2017年6月25日に撮影した画像です。宇宙空間には、たくさんの星も映し出されています。

Image Credit: Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

https://eol.jsc.nasa.gov/SearchPhotos/photo.pl?mission=ISS052&roll=E&frame=7857


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています