3分の1の面積が焼失したオーストラリアのカンガルー島

2020年1月9日、地球観測衛星ランドサット8がとらえたオーストラリアのカンガルー島の衛星画像です。カンガルー島ではこれまで島の3分の1の面積が焼失しました。今なお各地で煙が出ているのが映っています。

カンガルー島は、南オーストラリア州のアデレードの南西にある島です。オーストラリアで3番目に大きな島で、面積は東京都の2倍ほどあります。自然豊かな島で、島の固有種も含め多様な野生生物が生息しています。

冒頭の画像の左下部分のクローズアップです。

Image Credit(上の2点): NASA Earth Observatory images by Lauren Dauphin, using Landsat data from the U.S. Geological Survey.

https://earthobservatory.nasa.gov/images/146132/fires-ravage-kangaroo-island

こちらは地球観測衛星テラが撮影した画像を色補正したものです。2020年1月7日に撮影されました。この画像では火災の焼け跡が、濃い赤または明るい赤で示されています。

火災によってこれまでに、島の生息数の半分にあたる2万5000頭ほどのコアラが犠牲になったと報告されています。

Image Credit: NASA Worldview

https://www.nasa.gov/feature/goddard/2020/kangaroo-island-shows-burn-scars-on-one-third-of-the-land-mass/


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています