ISSからみた北極域のオーロラ。夜空にはオリオンやプレアデス星団。

ISS(国際宇宙ステーション)から撮影した北極域のオーロラ。夜空には月が明るく輝いています。ISSの第46次長期滞在クルーだったNASA(アメリカ航空宇宙局)のスコット・ケリー飛行士が、アメリカのモンタナ州上空を移動中のISSから2016年1月20日に撮影した写真です。

写真左側の夜空にはオリオンの上半身にあたる領域が映っています。地球の大気光のすぐ上にはオリオンの三つ星があり、その上の方にはベテルギウスが見えています。

月の右のほうに、いくつかの星が集まっているところがありますが、これはプレアデス星団(M45、すばる)です。月からプレアデス星団のあたりはおうし座、その右のほうにはおひつじ座やさんかく座が映っています。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

(参照)Gateway to Astronaut Photography of Earth

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています