ダークマターの割合が大きな渦巻銀河NGC 5585 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、おおぐま座の渦巻銀河NGC 5585。

この画像に映し出されている星、ガスや塵の雲は、NGC 5585の総質量のごく一部に過ぎません。銀河円盤は直径3万5000光年以上に広がっていますが、似たような形やサイズの銀河と比べると、NGC 5585は総質量に占める暗黒物質(ダークマター)の割合が非常に高い銀河です。

あまりはっきりしない渦状腕に沿って、星形成領域が青く輝いて見えています。またところどころに、より遠方にある銀河も映っています。

この画像は2020年9月21日にリリースされたハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, R. Tully、Acknowledgement: Gagandeep Anand

(参照)ESA/Hubble

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています