宇宙から見た火星探査車キュリオシティ | アストロピクス

【Googleニュースでアストロピクスをフォローして新着記事をチェック!】

宇宙から見た火星探査車キュリオシティ

画像の中央やや左に、火星に着陸して移動しながら探査を行うNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車キュリオシティが映っています。同じくNASAの火星周回機マーズ・リコネッサンス・オービターが、2020年5月1日に高度266kmから撮影した画像です。

キュリオシティは2012年8月6日に火星のゲール・クレーターに着陸しました。この画像が撮影された時点では、着陸場所から22km以上の距離を走行していました。マーズ・リコネッサンス・オービターがキュリオシティをとらえた画像は2021年4月18日に撮影されたものが公開されたこともあります。また別の場所で観測を行なっている探査車パーサヴィアランスが撮影されたこともあります。このように進行中のローバーの周辺を撮影することは、ローバーの進む方向を計画する際にも役立てられます。

こちらは冒頭の画像が撮影された場所(黄色い矢印)から、2021年9月下旬までのキュリオィティの経路を示したものです。

マーズ・リコネッサンス・オービターに搭載された高解像度カメラHiRISEのウェブページ(アリゾナ大学)では、HiRISEで撮影した画像を毎日1枚ずつ、HiPOD(HiRISE Picture of the Day、HiRISEの今日の1枚)として紹介しています。この画像は2020年5月1日に撮影されたもので、2021年10月22日のHiPODとして紹介されました。

Image Credit: NASA/JPL/UArizona

(参照)HiRISE