マーズ・リコネッサンス・オービター

火星

ドライアイスの塊が火星の斜面を転がり落ちてできた多数の溝

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえたもので、火星の南半球にあるヘラス平原の中央付近のごく一部の領域...
火星

探査機がとらえた火星表面の暗い筋「スロープ・ストリーク」

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが火星表面にある斜面をとらえたものです。 一見すると、何か暗い物質が斜面を...
火星

「偵察衛星」がとらえた最近形成された火星の氷のクレーター

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえたもので、最近形成された直径13メートルの小さなクレーターが映っ...
火星

火星周回機からみた探査車キュリオシティ(2023年12月撮影)

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車キュリオシティを宇宙からとらえたものです。同じくNASAの火星周回機マーズ・リコネッサンス・オービターが、...
火星

火星の南極にある「笑顔」のような地形

この画像は、火星の南極にある「残留極冠」地域の一部を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえたものです。笑顔のよう...
火星

火星の南極にある円錐形の丘

この画像は火星の南極付近、氷の層状の堆積物の表面にある円錐形の丘を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえたもので...
火星

火星探査機との通信が2週間中断。その間も観測は実施

2023年11月11日から25日までの2週間、NASA(アメリカ航空宇宙局)は火星探査機や探査車へのコマンドの送信を中断します。地球と火星が「合」となる前後で、太陽のコロナから放出される高温の電離ガスが地球から火星探査機に送信される無線信号を破損させる可能性があるためです。
火星

溶岩チューブの天井が崩落してできた火星の縦穴

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)がとらえたもので、火星の北半球にあるヘパイストス・フォッサ(He...
火星

火星の斜面に見られた暗い筋「スロープ・ストリーク」

火星の北半球、アルバ山の西にあるアケロン・フォッサ(Acheron Fossae)の斜面を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オ...
火星

火星のシリア高原で発生したダストデビルを宇宙からとらえた

この画像は、火星のシリア高原(Syria Planum)の平原で発生し移動中のダストデビル(塵旋風)をとらえたものです。NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査...
火星

火星の北極にある氷の崖

火星の北極には、厚さ約3kmの氷の極冠が存在します。極冠の端の部分は、高さ約800mの崖になっているところがいくつかあります。崖はほぼ垂直な氷壁です。 画像は、...
火星

新しいのに歪んだ形の不思議な火星のクレーター

これらの画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)がとらえたもので、火星の北半球のユートピア平原にあるクレー...
記事をシェアする