赤外線でとらえた超新星残骸「とも座A」

超新星残骸「とも座A」を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEがとらえた画像です。約3700年前の空には、とも座Aの元になった超新星が輝いていました。

超新星爆発の衝撃波が、超新星を取り囲む塵とガスの雲を加熱して輝かせ、この画像で赤く見える雲を生み出しました。超新星爆発の後に残された中性子星(この画像には見えていません)は、時速480万kmもの猛烈なスピードで移動しています。天文学者はその天体を「Cosmic Cannonball(宇宙の砲弾)」と愛称をつけて呼んでいます。

この画像に映る緑色のガスと塵の一部は、もう1つの超新星残骸(ほ座超新星残骸)です。

青とシアンは3.4μmと4.6μmの波長の赤外線を示しています。緑と赤は12μmと22μmの波長の赤外線で、主に温かい塵からの放射を示しています。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/UCLA

(参照)Planetary Photojournal

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています