1月27日、小天体が高度3600kmまで接近! | アストロピクス

【Googleニュースでアストロピクスをフォローして新着記事をチェック!】

1月27日、小天体が高度3600kmまで接近!

2023 BUの軌道(赤)と地球への最接近時の位置。緑の線は静止衛星の軌道を示しています。Credits: NASA/JPL-Caltech
2023 BUの軌道(赤)と地球への最接近時の位置。緑の線は静止衛星の軌道を示しています。Credits: NASA/JPL-Caltech

NASA(アメリカ航空宇宙局)によれば、1月27日午前9時28分ごろ(日本時間)、直径3.6〜8.2メートルと推定される小惑星「2023 BU」が高度約3600キロメートルまで接近するとのことです。「ひまわり」などの静止衛星の高度は約3万6000キロメートルですから、その10分の1ほどのところまで接近することになります。地球に衝突する危険性はありません。

2023 BUは、1月21日に発見されました。2023 BUはこれまで、ほぼ円形の軌道を359日かけて太陽を1周していました。NASAによれば、2023 BUは地球に非常に接近することで軌道が変わり、遠日点(太陽から最も遠い地点)が地球と火星の軌道の中間あたりとなり、太陽を425日間で1周することになるとのことです。

(参照)NASACNEOS