史上初めて観測された小惑星の衛星 〜 小惑星イダと衛星ダクティル

1993年8月28日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ガリレオが木星に向かう途中、小惑星帯で撮影した小惑星イダ(アイダ)と衛星ダクティル。右側の小さな天体がダクティルです。小惑星に衛星が発見されたのはイダが初めてでした。

ガリレオ探査機は木星に向かう途中、2つの小惑星に接近して観測しました。1つ目は1991年10月に接近した小惑星ガスプラで、2つ目がイダです。

イダは、かつて2つの大きな天体どうしが衝突したときの残骸だと考えられている「コロニス族」の小惑星の1つです。大きさは9.3×12.7×29.9km、表面には小さなクレーターが散在しています。

ダクティルの大きさは約1.2×1.4×1.6km。画像ではダクティルがイダのすぐ隣にあるように見えますが、実際にはイダよりも手前側にあり、イダの中心から約100km離れていると推定されています。

Image Credit: NASA/JPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA00136

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています