遠からず超新星爆発? X線、紫外線、可視光で見た「りゅうこつ座イータ星」

Credit: X-ray: NASA/CXC; Ultraviolet/Optical: NASA/STScI; Combined Image: NASA/ESA/N. Smith (University of Arizona), J. Morese (BoldlyGo Instituts) and A. Pagan

りゅうこつ座の方向、約7500光年の距離にあるカリーナ星雲の中心部にある「りゅうこつ座イータ星(イータ・カリーナ)」の画像です。

りゅうこつ座イータ星は、非常に近い距離を互いに公転する二つの大質量星の連星系で、遠からず超新星爆発を起こすのではないかと見られています。

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた可視光(白)、同じくハッブルがとらえた紫外線(シアン)、チャンドラX線望遠鏡がとらえたX線(紫)の画像を合成したものです。以前起きた爆発によってできた、X線を放射する高温ガスのリング(直径約2.3光年)が星を取り囲んでいます。

Credit: NASA/CXC/SAO, NASA/STScI, NASA/JPL-Caltech/SSC, ESO/NAOJ/NRAO, NRAO/AUI/NSF, NASA/CXC/SAO/PSU, and NASA/ESA

2020年9月2日、NASAやチャンドラX線望遠鏡のウェブサイトで、多波長で撮影した画像を合成した六つの天体の画像が紹介されました。多波長で観測することで、天体の真の姿が見えてきます。アストロピクスではそれぞれの画像を1枚ずつ紹介しています。今回の記事はその一つです。

(参照)NASAChandra X-ray Observatory

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています