シミュレーション | アストロピクス

シミュレーション

星・星雲・星団

中間質量ブラックホールは接近した星を貪り食べたあと残骸を放り出す!?

恒星質量ブラックホールより重く、銀河中心の超大質量ブラックホールよりは軽い「中間質量ブラックホール」。その中間質量ブラックホールに恒星が接近するとどうなるのかをシミュレートした研究が、アメリカ、ノースウェスタン大学のFulya Kiroglu氏らにより発表されました。
銀河宇宙

天の川銀河の近所に「超淡銀河」がいくつも潜んでいる?

天の川銀河ほどのサイズがありながら、質量は最大で太陽の10億個分(天の川銀河の1000分の1ほど)しかない「超淡銀河」。天の川銀河やアンドロメダ銀河を含む局所銀河群に超淡銀河が12個潜んでいると予測するシミュレーション結果が発表されました。
星雲

オリオン大星雲の広大な輝きは、弾き出された大質量星が作り出した!?

オリオン大星雲では、電離領域が星団の外側に大きく広がっています。国立天文台のスーパーコンピューター「アテルイⅡ」を用いたシミュレーションと観測データにより、星団から弾き出された大質量星がそのような電離領域を作るきっかけとなった可能性が示されました。
太陽

赤道が極より速い太陽の自転を世界で初めて再現に成功!

太陽は、赤道付近の方が極地方よりも速く自転しています。そのような太陽の自転の様子を、スーパーコンピュータ「富岳」を用いた計算によって再現することに世界で初めて成功したと、千葉大学の堀田英之准教授らが発表しました。
銀河宇宙

世界最大規模! ダークマターの「模擬宇宙」が公開された

クレジット: 石山智明 この画像は、世界最大規模のダークマター構造形成シミュレーションで得られた、現在の宇宙でのダークマターの分布です。 千葉大学の石山智明氏を...
星雲

星形成の最新3Dシミュレーションが公開された

この画像はアメリカ、ノースウェスタン大学の研究チームによって最近発表された星形成の3Dシミュレーション映像の一場面です。 研究チームによればこの映像は、個々の星...
銀河団

ジェットを調べることで銀河団の磁場構造が見えてきた!

はと座の方向、6億4000万光年の距離にある銀河団Abell 3376は、大小2つの銀河団が衝突している衝突銀河団の1つです。銀河団にはプラズマガス(銀河団ガス...
銀河宇宙

NASAが新映像を公開! 連星ブラックホールのガス円盤はどう見える?

連星ブラックホールの周囲にある降着円盤を可視化した映像がNASA(アメリカ航空宇宙局)から公開されました。ブラックホールに引き寄せられるガスは、円盤状に回転しな...
太陽系

異世界の夕暮れを再現!

この動画は、太陽系の惑星である地球(Earth)、金星(Venus)、火星(Mars)、天王星(Urnus)と、土星の衛星タイタン(Titan)において、日没時...
銀河宇宙

巨大ブラックホール形成に新たな説!

ブラックホールを生み出すガス雲の密度分布のシミュレーション結果。Image Credit: Sunmyon Chon 天の川銀河をはじめ、ほとんどの銀河の中心に...
恒星質量ブラックホール

ブラックホール周囲の円盤を可視化 NASAが公表した新映像

この映像は、ブラックホールの周囲のようすをシミュレートして映像化したものです。NASA(アメリカ航空宇宙局)が2019年9月25日に公表しました。 たとえば連星...
記事をシェアする
Twitterフォロワー1.7万超 アストロピクスをフォロー!