ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「ステファンの五つ子」と呼ばれる銀河グループ

この画像に映っているのは、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「ステファンの五つ子」と呼ばれる銀河のグループです。ステファンとは、1877年にこの銀河グループを発見したフランスの天文学者の名前です。

一見すると大きな銀河が四つあるようにみえるかもしれませんが、中央右側の銀河は二つの銀河(NGC 7318AとNGC 7318B)からなります。「五つ子」と名付けられてはいますが、実は左上に映っている青っぽい銀河(NGC 7320)だけ、他の銀河たちと比べると地球からの距離が7倍も近くにあることが分かっています。他の四つの銀河は、地球から2億9000万光年の距離にあります。NGC 7320までの距離はおよそ4000万光年です。

http://hubblesite.org/image/2575/news_release/2009-25

Image Credit: NASA, ESA, and the Hubble SM4 ERO Team