SDOがとらえた太陽のプロミネンス

太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)が、2013年1月31日にとらえた太陽のプロミネンスの画像です。プラズマ(電荷を帯びた水素とヘリウムからなる高温ガス)が、太陽上空へと噴き出しているのが映っています。30.4nmの波長で撮影した画像に色をつけたものです。30.4nmの波長では、5万度の領域を観測することができます。

Image Credit: Courtesy of NASA/SDO and the AIA, EVE, and HMI science teams.

https://sdo.gsfc.nasa.gov/gallery/potw/item/391