翼を広げた天使のような星形成領域

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた星形成領域シャープレス2-106。はくちょう座の方向、約2000光年の距離にあります。翼を広げた天使のようにみえるともいわれます。この画像で青く光って左右に広がる“翼”のようにみえているのは、中央にある若い大質量星から広がる高温のガスです。星雲は数光年にわたり広がっています。

Image Credit: NASA, ESA, and the Hubble Heritage Team (STScI/AURA)

https://hubblesite.org/contents/media/images/2011/38/2932-Image.html