カッシーニがとらえた土星の衛星ディオーネ

土星を背景に浮かぶ衛星ディオーネ。カッシーニ探査機が2005年10月11日、ディオーネから約3万9000km離れたところで撮影した画像です。

ディオーネだけをみるとモノクロ画像のようですが、背景の土星をみると分かるように、この画像はカラー画像です。カッシーニ探査機は撮影時、ほぼリング平面上にいたため、リングがまるで線のように薄くみえています。太陽光が南側から当たっており、土星の北半球にリングが影を落としています。

ディオーネは平均半径562kmの比較的小さな衛星です。土星から37万7400kmのところを2.7日で公転しています。その土星からの距離は、地球〜月の距離とほぼ同じです。地球の月がつねに同じ面を地球に向けているのと同じように、ディオーネもつねに同じ面を土星に向けています。

Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute

(参照)Planetary Photojournal

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています