2001マーズ・オデッセイがとらえた火星のクレーター床面にある砂丘

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイがとらえた、Rabeクレーター内の擬似カラー画像です。Rabeクレーターは火星のノアキス大陸(Noachis Terra)にあり、直径が108kmあります。

画像のほとんどの範囲を砂丘が占めています。砂丘は風の作用で作られるため、砂丘の形を見ると風の方向が分かります。この画像に映る領域では、風は右下から左上に向かって吹いていました。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

(参照)Planetary Photojournal

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています