土星に落ちるリングとミマスの影

土星探査機カッシーニがとらえた土星です。2008年2月26日に撮影されました。

この画像を撮影したとき、カッシーニ探査機はリング平面の約27度上にいました。土星からの距離は約160万km。太陽光はリングの下から当たっているためリングは暗く見えています。

土星の手前側ではリングが土星本体に影を落としており、一方で土星の向こう側では土星の影でリングが見えなくなっています。土星の表面に見える小さな黒い点は衛星ミマス(直径397km)の影です。

Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA09876

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています