さんかく座銀河にあるHII領域NGC 604 〜 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影

「さんかく座銀河」とも呼ばれる渦巻銀河M33(NGC 598)にあるHII領域「NGC 604」を、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像です。

M33は、天の川銀河やアンドロメダ銀河、その他のおよそ50の小さな銀河からなる局部銀河群に属する銀河の1つです。大きな銀河としては、アンドロメダ銀河に次いで2番目に天の川銀河から近い銀河でもあります。

NGC 604は直径が1500光年ほどあり、局部銀河群の中でも最大級、かつ最も明るいHII領域の1つです。星雲の中で形成された星が放出する強烈な紫外線が、周囲に残るガスを電離して赤く輝かせています。

この画像は、紫外線から近赤外線まで、7つの波長で撮影された画像にそれぞれ色をつけて合成したものです。2010年8月30日、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」としてリリースされました。

Image Credit: ESA/Hubble and NASA

https://www.spacetelescope.org/images/potw1019a/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています