星形成が活発な比較的近距離にある銀河NGC 253

ちょうこくしつ座の方向、約1150万光年の距離にある渦巻銀河NGC 253を、ESO(ヨーロッパ南天天文台)のVST(VLTサーベイ望遠鏡)でとらえた画像です。VSTに設置されたカメラOmegaCAMで撮影されました。VSTはESOパラナル天文台に設置されている口径2.6mの望遠鏡で、南米チリのアタカマ砂漠にあります。

NGC 253は、地球から比較的近くにある銀河で、双眼鏡で観察することができます。1783年に、カロライン・ハーシェル(ウイリアム・ハーシェルの妹)によって発見されました。「ちょうこくしつ座銀河」とも呼ばれます。

NGC 253は、とても活発に星が形成されているスターバースト銀河です。銀河の中に点在する青白く光っている領域は、まだ若い高温の星々です。それらの星からの放射線によって、周囲の水素ガス雲が明るく光っています(この画像では緑色にみえます)。

なおこの画像には、若い世代の星を識別するために、ESOのVISTA望遠鏡で得られた赤外線画像が組み合わせられています。

以下のページでは、ブラウザ上で高解像度画像を拡大・縮小しながら閲覧できますので、興味のある方はご覧になってみてください。

https://www.eso.org/public/images/eso1152a/zoomable/

Image Credit: ESO/INAF-VST
Acknowledgement: A. Grado/L. Limatola/INAF-Capodimonte Observatory

https://www.eso.org/public/images/eso1152a/


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています