近赤外線で見た木星

木星を近赤外線で撮影した擬似カラー画像です。ハワイ、マウナケア山頂にあるジェミニ北望遠鏡で撮影されました。白は比較的高い高度にある雲、青は低い高度の雲、赤はさらに深いところにある雲を示しています。2006年7月に撮影された画像です。

中央下に見える白い楕円模様は、木星表面にある巨大な渦模様「大赤斑」です。可視光で見ると赤っぽく見える大赤斑が、下にある小さな楕円模様とともにこの画像では白く見えています。これらの楕円模様の頂部は、周囲の雲より盛り上がっているのです。それ以外の小さな白い斑点は、そびえ立つ雷雲のような高い雲が存在する領域です。

Image Credit: International Gemini Observatory/NOIRLab/NSF/AURA

(参照)NOIRLab

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています