9月18日に発見された小惑星、24日に静止軌道の内側まで接近!

地球近傍小惑星のイメージ。

大きさ5〜10mとみられる地球近傍小惑星(地球接近小惑星、近地球小惑星とも呼ばれます)2020 SWが、9月24日に地球の表面から約2万2000kmのところを通過することが判明しました。

気象衛星「ひまわり」などが位置する静止軌道は、地球表面から約3万6000kmなので、2020 SWはそれよりも内側まで接近します。今回は地球に衝突することはありませんが、同程度のサイズの小惑星がもし地球に衝突した場合、大気圏で燃え尽き、火球として観測されることになるとみられます。

2020 SWは9月18日に発見され、その後の観測により軌道が精度よく求められました。NASA(アメリカ航空宇宙局)/JPL(ジェット推進研究所)のCNEOS(地球近傍天体研究センター)の科学者によれば、24日20時12分(日本時間)に南東太平洋上空で最接近するとのことです。

Image credit: NASA/JPL-Caltech

(参照)NASA Jet Propulsion Laboratory (JPL)

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています