風で侵食されてできた尾根と谷 〜 2001マーズ・オデッセイが撮影した火星

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイが撮影した火星の表面。長期間にわたる風が地表面を侵食して、風向きに沿って尾根と谷が形成されています。

このような地形ができるには、地表が柔らかくて容易に侵食されなければなりません。この地域を覆う物質は、オリンポス山やアルシア山などの近くにある火山から噴出した火山灰である可能性が示唆されています。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA23701

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています