金星の火山「マート山」と溶岩流

NASA(アメリカ航空宇宙局)の金星探査機マゼランのデータをもとに作られた金星表面の立体画像。奥に見えるのは「マート山」です。マート山は金星の赤道付近にある火山で、高さは8kmあります。手前の大地に明るく見えているのは溶岩流で、マート山の麓から数百kmにわたり伸びています。

なお、高さ方向のスケールは22.5倍も強調されています。実際の起伏はかなりなだらかです。

Image Credit: NASA/JPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA00254