赤外線で見た南の回転花火銀河M83

NASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河M83。北天の回転花火銀河M101に似ていることから、M83は「南の回転花火銀河」とも呼ばれます。うみへび座の方向、約1500万光年の距離にあります。

天の川銀河と同様、中央部に星々からなる棒状構造があることから、M83は棒渦巻銀河に分類されています。赤外線のこの画像では、直線的な星の棒状構造を切り裂くように、塵がゆるいS字状の形にカーブしているのが見えています。

塵のS字は、外側の銀河円盤にある渦状腕とつながっています。星形成の活発な領域のいくつかは、渦状腕に沿って赤みをびた白い点として見えています。最も活発な星形成は銀河中心で発生しています。

アストロピクスでは以前、ESO(ヨーロッパ南天天文台)ラ・シヤ天文台のMPG/ESO 2.2m望遠鏡で撮影されたM83の画像を紹介したことがあります。よろしければご覧ください。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

(参照)NASA Spitzer Space Telescope

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています