宇宙から見える国境線

1992年9月12日、日本の毛利衛飛行士がスペースシャトルに搭乗して宇宙へ飛び立ちました。それを記念して9月12日は「宇宙の日」となっています。

地球へ帰還した毛利飛行士は「宇宙からは国境線は見えなかった」という言葉を残しました。しかし実は、夜間に宇宙から国境線が見える場所があります。今日紹介するこの写真は、そんな場所の一つを映したものです。

この写真は2015年9月23日にISS(国際宇宙ステーション)から撮影されました。写真の右半分に、曲がりながら伸びるオレンジ色の線が見えます。これはインド(右側)とパキスタン(左側)の国境を照らす警備灯の光です。

写真左側にはパキスタンのカラチの街明かりが明るく見えており、そこからインダス川に沿うように内陸へ光の筋が伸びているのも映っています。

なおアストロピクスでは先日、インドとパキスタンの北部の夜景が映るISSからの写真を紹介しましたが、そちらの写真にも国境線の明かりが見えています。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

(参照)Gateway to Astronaut Photography of EarthNASA Earth Observatory

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています