ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡はどう違う?

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が、2021年12月の打ち上げに向けて準備が進められています。そのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、ハッブル宇宙望遠鏡の後継機と言われています。では、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡には、どのような違いがあるのでしょうか。今回の記事では、主にハードウェアや運用面について、両者の違いを見ていきます。

Image Credit: NASA's Goddard Space Flight Center
Image Credit: NASA's Goddard Space Flight Center

まずはサイズの違いを見ていきましょう。この画像は、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(左)とハッブル宇宙望遠鏡の全体を比較したものです。ハッブル宇宙望遠鏡は全長13.2m、直径は最大4.2mあります。その大きさの筒状の機体に太陽電池パネルなどが設置されています。一方、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、サンシールドの大きさが22m×12m、主鏡の直径が6.5mあります。サンシールドは、テニスコートと同じくらいの大きさがあります。

Image Credit: NASA
Image Credit: NASA

こちらは主鏡を比べたものです。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の主鏡(右)は直径6.5m(18枚からなる分割鏡)なのに対し、ハッブル宇宙望遠鏡の主鏡は直径2.4m(1枚鏡)です。ウェッブ望遠鏡の集光面積は、ハッブル望遠鏡の4.5m2の約6.25倍になります。

Image Credit: NASA
Image Credit: NASA
Image Credit: NASA
Image Credit: NASA

望遠鏡が設置される場所も大きく異なります。ハッブル宇宙望遠鏡は高度約570kmの地球周回軌道から宇宙を観測していました。それに対してジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、地球から150万kmほど離れた太陽-地球系の「ラグランジュ点2(L2)」というところから観測を行います。月までの平均距離は約38万4400kmですから、それよりはるかに遠いところから観測するのです。

ハッブル宇宙望遠鏡は、スペースシャトルが退役するまではシャトルによる保守や装置の交換などが行われていました(参考記事:ハッブル宇宙望遠鏡 〜 打ち上げまでの経緯と5回の保守ミッション)。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は一度打ち上げると、その後の保守や修理などは行うことはできません。

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、主に赤外線で観測を行います。天体の画像やスペクトルをとらえる4つの科学機器を搭載しています。それらの観測装置は0.6〜28μmの波長をカバーしています。一方、ハッブル宇宙望遠鏡の観測機器は、赤外線スペクトルのごく一部(0.8〜2.5μm)を観測できますが、主な観測波長は0.1〜0.8μmの紫外線と可視光の領域です。

Image Credit: ESA
Image Credit: ESA

こちらはESA(ヨーロッパ宇宙機関)のプレスキットに掲載されている、ハッブル宇宙望遠鏡とジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を比較した図です。上で述べたことが1枚にまとめられています。

(参照)James Webb Space TelescopeESA - James Webb Space Telescope launch kit