珍しい場所から撮影されたオリオン座とベテルギウス

今もまだベテルギウスの減光の話題が続いているようですので、少し珍しい場所から撮影されたベテルギウスの画像を紹介します。

珍しい場所というのは、木星の周回軌道です。上の画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーが撮影したものです。画像にはうっすらと木星のリングが映っており、背景にオリオン座の一部を含む星空が見えています。

水平に明るくなっている部分が木星のメインリングで、リングのすぐ上にある明るい星がベテルギウスです。画像右下にはオリオン座の三つ星も映っています。

ジュノー探査機は、53日間で木星を1周する軌道をまわっています。画像は2016年8月27日、ジュノーが1回目の最接近(Perijove 1)を行なったときに撮影されました。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA21644

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています