サハラ砂漠に残る恐竜以前の衝突クレーターをISSからとらえた

これらはアフリカのチャド、サハラ砂漠に残る衝突クレーター「アオルンガ・クレーター」をISS(国際宇宙ステーション)からとらえた写真です。2枚目の写真には、クレーター周辺のより広範囲が映っています。どちらの写真も、2021年5月10日のほぼ同時刻に撮影されました。

アオルンガ・クレーターは、約3億4500万年前よりも古くない時代に起きた隕石衝突によってできたと見られています。3億4500万年前というと、恐竜が出現するよりもかなり前のことです。写真からも分かるように同心円状の構造をしています。1度の衝突現象によってできた3つのクレーターのうちの1つ(あとの2つのクレーターは砂に埋れている)である可能性があります。

アストロピクスでは、よりクローズアップでISSからとらえたアオルンガ・クレーター写真を紹介したこともあります。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

(参照)Gateway to Astronaut Photography of Earth(1)(2)