ISSからとらえた、サハラ砂漠にあるアオルンガ・クレーター

2013年1月6日、ISS(国際宇宙ステーション)の第34次長期滞在クルーによって撮影されたアオルンガ・クレーター。アフリカ、チャド北部のサハラ砂漠にある衝突クレーターで、約3億4500万年前より古くない時期に隕石衝突によってできたと推定されています。同心円状の構造をしており、直径は約12.6kmあります。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

https://eol.jsc.nasa.gov/SearchPhotos/photo.pl?mission=ISS034&roll=E&frame=70070


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています