ISSからみた南極域のオーロラ(2015年8月15日撮影)

ISS(国際宇宙ステーション)から撮影された南極域のオーロラの写真です。オーストラリア大陸の南の海上上空にいたISSから、2015年8月15日に撮影されました。

当時ISSに搭乗していたNASA(アメリカ航空宇宙局)のスコット・ケリー飛行士が8月15日にツイッターに投稿した写真です。写真上にはカナダ製のデクスター(特殊目的ロボットアーム)が映り、宇宙には南天の星々も見えています。

ISSの高度は400kmほどです。オーロラは100〜400kmほどの高度で発生するので、ISSからはオーロラを上から見ることができます。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

(参照)Gateway to Astronaut Photography of Earth

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています