国際宇宙ステーションからとらえた、太陽光を反射して輝く海

ISS(国際宇宙ステーション)から見た地球の写真です。太陽の光を受けて、画面右側の海面が輝いているかのように映し出されています。画面全体に海しか写っておらず、地球が水の惑星であることを改めて実感させてくれる写真です。地球の縁のところには、大気の層がうっすらと青く見えています。

第38次長期滞在クルーだったNASA(アメリカ航空宇宙局)のマイク・ホプキンス飛行士が、2013年11月23日に撮影しました。アメリカ東海岸沖の大西洋上空411kmから撮影したものです。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

https://eol.jsc.nasa.gov/SearchPhotos/photo.pl?mission=ISS038&roll=E&frame=7550

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています