宇宙に現れた「OK」サイン!? WISEがとらえた反射星雲DG 129

NASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEが赤外線でとらえた反射星雲DG 129。ガスと塵の雲が、近くにある星の光を反射して光る星雲です。可視光で見るとあまり目立ちませんが、赤外線で見ると美しい星雲が現れます。

この星雲の形を、宇宙に出現した腕と手に見立てる人もいるそうです。そう言われてみれば、手首付近の腕が下から伸び、画像の中央付近で親指と人差し指とで輪を作っているようにも見えます。宇宙のOKサインというわけです。

この画像は、3.4μmの波長で撮影した画像を青、4.6μmの画像を緑、12μmの画像を赤に割り当てて合成した疑似カラー画像です。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/UCLA

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA13128


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています