冥王星の山地に、登山家・故田部井淳子さんにちなんだ地名が付けられた

女性として世界で初めてエベレスト登頂や七大陸最高峰への登頂に成功した登山家、故田部井淳子さんの名前にちなんだ地名が、冥王星の山地に付けられました。

冥王星には、ハート形をした「トンボー領域」と呼ばれる地形があります。トンボー領域の左半分は、「スプートニク平原」という広大な氷原です。そのスプートニク平原の南側にある山地の名を「Tabei Montes(タベイ山地)」とすることが、IAU(国際天文学連合)の作業部会で、2019年11月19日付で承認されたのです。

上の画像は、Tabei Montesの位置を示したものです。左の画像の白枠部分を拡大したものが右の画像です。右の画像の中央付近に見えているのがTabei Montesです。

※当初、Montesを山脈としていましたが、山地に変更しました。

Image Credit: NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute

(元画像)https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA19952

(参考)https://planetarynames.wr.usgs.gov/Feature/15866


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています