直径15万光年の青いリングを持つ環状銀河

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた環状銀河AM 0644-741。とびうお座の方向、約3億光年の距離にあります。

黄色い銀河中心のまわりで、青い星々の星団がリング状に輝いています。リングの直径は15万光年あり、私たちの住む天の川銀河よりも大きなサイズです。別の銀河が通り抜けたことによって、このような形になったと考えられています。

別の銀河の衝突の影響によって、銀河内の星やガスの軌道が劇的に変わり外側へと追いやられます。周囲のガス雲と衝突して圧縮され、大質量の高温の青い星々が次々に生まれたことで青いリングができあがりました。

なおAM 0644-741の左側に映っている渦巻銀河は、AM 0644-741を通り抜けた銀河ではありません。AM 0644-741とは相互作用もしていない背景にある銀河で、たまたま近くに見えているだけです。

ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ(1990年4月24日)14周年を記念して、2004年4月にリリースされた画像です。

Image Credit: NASA, ESA, and The Hubble Heritage Team (AURA/STScI); Acknowledgment: J. Higdon (Cornell U.) and I. Jordan (STScI)

https://hubblesite.org/contents/media/images/2004/15/1520-Image.html