スピッツァー宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河M81

スピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線でとらえた渦巻銀河M81。この画像は、3.6/4.5μm(青/シアン)、8μm(緑)、24μm(赤)のデータを合成して作られたものです。M81は、おおぐま座の方向、1200万光年の距離にあります。

3.6/4.5μmのデータ(青/シアン)は、星の分布を示しています。8μmのデータ(緑)は、近くにある明るい星に加熱された高温の塵が放射する赤外線を示しています。また24μmのデータ(赤)は、最も明るく若い星に加熱された温かい塵からの放射を示しています。渦状腕に沿ってみられる赤い点状の部分は、巨大なHII領域の中で誕生しつつある大質量星の近くで、塵が温められて高温になっている場所を示しています。

スピッツァー宇宙望遠鏡は、2003年8月25日に打ち上げられました。M81を撮影した画像は、その年の12月18日に最初にリリースされたものにも含まれていました(→【過去記事】)。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

http://www.spitzer.caltech.edu/images/6675-ssc2019-15b-Full-Infrared-View-of-the-M81-Galaxy


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています