火星ローバー着陸地のクレーター上空を飛行したかのような動画

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスが、今日2020年7月30日に打ち上げられる予定になっています。そのパーサヴィアランスの着陸予定地である、火星のジェゼロ・クレーターの上空を飛行しながら撮影したかのような動画がESA(ヨーロッパ宇宙機関)から公開されました。

この動画は、ESAの火星探査機マーズ・エクスプレスの動画をもとにして作られたものです。動画の中で火星表面に描かれた黄色い円が、パーサヴィアランスの着陸予定場所です。パーサヴィアランスは2021年2月18日に火星に着陸することになっています。

ジェゼロ・クレーターは直径約45kmの衝突クレーターで、約35億年前にはクレーター内に水をたたえた湖だったと考えられています。アストロピクスでは先日、USGS(アメリカ地質調査所)が公開したジェゼロ・クレーターのデルタ地帯の詳細な立体画像を紹介しましたが、上の動画にもそのデルタ地帯が映っています。

※Perseveranceは媒体によって「パーセベランス」「パーシビアランス」「パーセヴェランス」などと表記されています。

Credit: Animation: ESA/DLR/FU Berlin, CC BY-SA 3.0 IGO ; Music: Björn Schreiner ; Soundtrack logo: Alicia Neesemann

ESA

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています