パーサヴィアランス

宇宙開発

運用終了の火星ヘリ、今後もデータ収集を継続へ。未来の回収に期待

2024年1月に運用を終了したNASAの火星ヘリコプター「インジェニュイティ」は、探査車との通信ができなくなった後も画像撮影やデータ収集を継続。いずれ故障などにより停止した場合も、収集したデータを保存したまま、将来この地にやってくる他の探査車や宇宙飛行士を待つことになります。
火星

探査車がとらえた火星の2つの月による日食映像

火星にはフォボスとダイモスという2つの月(衛星)があります。地球では月が太陽を隠す日食が起きることがありますが、火星でも2つの月による日食が発生します。今回紹介...
火星

翼の折れた火星ヘリコプター 探査車が415mの距離から撮影

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスが、観測装置スーパーカムの一部であるリモートマイクロイメージャー(RMI)を使ってとらえ...
火星

探査車が火星の地表から見た2024年1月20日の日食

この映像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスがとらえた一連の画像から作成したタイムラプス映像です。太陽の手前を、火星の衛星の一つダイ...
火星

運用を終えた火星ヘリコプターを探査車が撮影

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車「パーサヴィアランス」が撮影したもので、画像中央右に火星ヘリコプター「インジェニュイティ」が映っています。...
宇宙開発

NASAの火星ヘリコプター、ローターブレードが損傷し運用を終了

NASA(アメリカ航空宇宙局)は2024年1月25日、火星ヘリコプター「インジェニュイティ」の運用を終了したと発表しました。1月18日に行われた72回目の飛行時に撮影した画像から、ローターブレード(翼)の1つまたは複数が損傷しており、もはや飛行できない状態であることが判明したとのことです。
火星

火星の「Airey Hill」からの360度パノラマ 探査車パーサヴィアランスが撮影

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスが「Airey Hill」と名付けられた場所から撮影した360度パノラマです。993枚の...
火星

かつての火星の洪水で押し流された数多くの丸い岩

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車「パーサヴィアランス」が、「Castell Henllys(カステル・ヘンリーズ)」と名付けられた場所を撮影した画像。かつて強い水の流れによって岩が転がったことでできた丸みを帯びた石が多数映っています。
火星

火星探査機との通信が2週間中断。その間も観測は実施

2023年11月11日から25日までの2週間、NASA(アメリカ航空宇宙局)は火星探査機や探査車へのコマンドの送信を中断します。地球と火星が「合」となる前後で、太陽のコロナから放出される高温の電離ガスが地球から火星探査機に送信される無線信号を破損させる可能性があるためです。
火星

火星ヘリコプターが62回目の飛行時に最高速度を記録

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星ヘリコプター「インジェニュイティ」は、2023年10月12日(940火星日)、62回目の飛行を行いました。映像は、そのときに...
火星

火星探査車が見た「ソンブレロ岩」

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスがとらえたものです。まるでメキシコの帽子「ソンブレロ」のような形をしていることから、この...
火星

探査車パーサヴィアランスがとらえた火星の塵旋風(ダストデビル)

この動画は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスがとらえたもので、遠方に「ダストデビル(塵旋風)」が移動するのが映っています。2023年...
記事をシェアする