カリフォルニアで発生中の大規模な山火事の煙(2020年8月19日撮影)

アメリカ、カリフォルニア州の山火事によって発生した大規模な煙を、ヨーロッパの地球観測衛星コペルニクス・センチネル3がとらえた画像です。2020年8月19日に撮影されました。

猛烈な熱波の中、州内で約40の山火事が発生しているとのこと。記録的な高温、強風、落雷により、火災が発生し拡大する状況が作り出されています。

サンフランシスコやサンノゼの南側で、内陸部から沿岸、太平洋にかけて厚い煙におおわれています。サンフランシスコにも煙がかかっているのが分かります。

厚い煙におおわれている海岸線部分の距離は250kmほどあります。これは東京と新潟の間の直線距離に相当します。

Image Credit: contains Copernicus Sentinel (2020), processed by ESA, CC BY-SA 3.0 IGO

(参照)ESA

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています