探査車スピリット、真上からの自撮り画像

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車スピリットの自撮り画像。グゼフ・クレーター内の「ハズバンド・ヒル」と名付けられた丘の頂上で撮影した画像を合成して作られた画像です。元の画像は2005年8月24日から27日にかけて撮影されました。探査車の周囲360度が、地平線まで映し出されています。ソーラーパネルが太陽光を受けて光っています。

スピリットは2003年6月に打ち上げられ、2004年1月に火星へ着陸しました。2010年3月22日に通信途絶するまで、7年近くにわたり観測を続けました。その後も通信の復旧に向けた努力が続けられましたが成功せず、2011年5月、運用終了が正式にアナウンスされました。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Cornell

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA03275

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています