帯状に見えるが実は棒渦巻銀河。はと座のNGC 2188 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、はと座の銀河NGC 2188。青い星々とオレンジ色の星々が輝いているのが映っています。一見すると帯状に星が分布しているように見えますが、NGC 2188は棒渦巻銀河に分類されています。直径5万光年ほどで、天の川銀河の半分ほどの大きさの銀河です。

地球から見るとNGC 2188の銀河円盤が傾いて外縁部だけが見えるため、帯状に見えています。、NGC 2188の真の姿は、バルジや銀河円盤の星の分布を調べたり、星の色を観測したりすることによって明らかになりました。

この画像は2020年8月31日にリリースされたハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。NGC 2188の周囲には、より遠方にある銀河もたくさん映っています。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, R. Tully

(参照)ESA/Hubble

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています