ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、うみへび座の小さな渦巻銀河NGC 2758

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた小さな渦巻銀河NGC 2758(画像右側)とその伴銀河である矮小銀河(NGC 2758の左上)。うみへび座の方向、1億2000万光年の距離にあります。

NGC 2758のゆるく巻きついた渦状腕や小さな伴銀河に、たくさんの明るく青い星々が映し出されています。背景には、より遠方にある銀河がいくつも見えています。

2010年6月21日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble and NASA

https://www.spacetelescope.org/images/potw1009a/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています