りゅう座にある相互作用銀河Arp 293 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた相互作用銀河Arp 293。りゅう座の方向、2億5000万光年以上の距離にあります。左の銀河NGC 6285と右の銀河NGC 6286とで、互いの重力で影響を与えあっており、ガスや塵が引かれたり、銀河の形がゆがんだりしています。

ハッブル宇宙望遠鏡はこれまで、相互作用する銀河のペアを数多く撮影してきました。それらの中には、バラの花や卵を抱えたペンギンのような形をしたものなど、さまざまな形をした天体がありました。

この画像は、2019年11月25日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, K. Larson et al.

https://www.spacetelescope.org/images/potw1947a/