国際宇宙ステーションからみたハワイ諸島

ISS(国際宇宙ステーション)から撮影された地球の風景です。太平洋に浮かぶハワイ諸島が映っています。2020年10月9日(日本時間)に撮影された写真です。

手前のいちばん大きな島がハワイ島です。そこから奥に向かってマウイ島やカホオラウェ島、ラナイ島、モロカイ島、オアフ島が見えています。雲などのためやや見えにくいですが、その向こうにカウアイ島、ニイハウ島も映っています。

こちらはハワイ島を望遠レンズで撮影した写真です。島の左側にマウナ・ロア、右側にマウナ・ケアという二つの火山が見えます。どちらも楯状火山と呼ばれるなだらかな火山です。マウナ・ケア山の山頂付近には、日本の「すばる望遠鏡」をはじめいくつもの望遠鏡が設置され観測を行なっています。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

(参照)Gateway to Astronaut Photography of Earth(1)(2)

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています