ルナー・リコネッサンス・オービター

スポンサーリンク
太陽系

8つの惑星科学ミッションの延長をNASAが決定

2022年4月25日、終了が近づいている8つの惑星科学ミッションについて延長を決定したとNASA(アメリカ航空宇宙局)が発表しました。 ミッショ...
太陽系

月面で最も標高の高い場所

地球で標高が最も高いのはエベレストの山頂ですが、月面での最高地点は月の裏側にあります。月面の標高の最高地点周辺を映した画像を紹介。最高地点は月の平均半径から1万786メートル高いところにあります。
太陽系

標高で色分けした月の表と裏の地形マップ

これらの画像は、月の地形を示したものです。1枚目は月の表側(地球側)、2枚目は裏側の画像です。標高によって色分けされており、青や紫などは標高が...
太陽系

2022年の最小の満月と最大の満月

画像は2022年で最も小さく見える1月18日の満月(左)と、最も大きく見える7月14日の満月を、縮尺を合わせて比較したものです。 月は地球の周り...
太陽系

2022年の月の満ち欠けや距離、秤動など1年分を可視化して再現!

この映像は、2022年1月1日から12月31日までの月の満ち欠けを示したものです。1時間ごとの月の様子を示す画像をつなげて動画にしたもので、NAS...
太陽系

2022年(令和4年)の満月と新月はいつ?

2022年(令和4年)の満月と新月の日時を紹介。また2022年に12回あるそれぞれの満月の見た目の大きさの違いなどについても紹介しています。2022年の「スーパームーン」は7月14日。2022年は中秋の名月と満月が同じ日になります。
太陽系

月探査機が月から見た土星

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターが土星をとらえたものです。2021年10月13日に撮影されました...
太陽系

さまざまな角度から見た「満月」

地球から約38万4400kmのところを公転する月は、つねにほぼ同じ面を地球に向けています。そのため裏側(地球と...
太陽系

月探査機が月から見た木星

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターが木星を撮影したものです。木星は4倍に拡大されています。 ...
太陽系

月面にある比較的若い「チャプルイギンB・クレーター」

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターが、月のチャプルイギンB・クレーターをとらえたものです。クレーター...
太陽系

NASA特製太陽系ポスターデータ 〜 月 バージョンA

NASA(アメリカ航空宇宙局)では、太陽系の天体をメインビジュアルとしたポスターのデータを公開しています。さまざまな天体のポスター用データがありますが...
地球

NASA特製太陽系ポスターデータ 〜 地球 バージョンC

NASA(アメリカ航空宇宙局)では、太陽系の天体をメインビジュアルとしたポスターのデータを公開しています。さまざまな天体のポスター用データがありますが...
アストロピクスをフォローする